2011年07月13日

7月 八ヶ岳自然農の会

長坂で自然農をされている三井さん。
月に一度、
自然農について教えて頂ける
「八ヶ岳自然農の会」をやっておられます。
参加費100円きらきらきらきら
何と有難い会にこにこおやゆびサイン

初めて参加して来ました手(チョキ)
仙人もご一緒です顔1(うれしいカオ)

image-20110713092543.png


image-20110713092610.png

お〜〜ぅ、まさにジャングルあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
草が混沌とした、ハーモニーを奏で八分音符
自分の家の雑草が、
まだまだ可愛いものだと思えて来ます(>_<)

道なき道を(三井さんには見えている)
草をかき分け…

image-20110713093153.png


image-20110713093308.png

この日は、
☆田植えを少し
☆ニンジンの種まき
☆その他、畑の管理

などを教えて頂きました。


☆自然を良く観察し、
必要な分だけ手を入れる

☆自然農の畑は、他の畑より
ミミズが元気で多い。
それを餌にするモグラさんも寄ってきます。
穴を発見した時は、穴を埋める。
「モグラに嫌がらせをして
来ない様にするんだね〜」
との言葉に、三井さんは
「いやいや、居ても良いけど
こっちはダメだよって分かってもらう」
とおっしゃっていました。

三井さんの人柄が感じられるひとコマ四つ葉
『共育ち』


三井さんの周りの畑もそうでしたが、
収入を得るため出荷用の野菜を
安定的に作るには、
薬剤の散布をせざるを得ない現状があります。
(農家さんの自給用は無農薬って話を、
この前聞いたけど(笑))

山梨県は特に、
畑に草があると嫌われるらしい…ので、
その中で、
自然農を実践されている信念には
頭が下がります花束

私がもし専業農家だったら、
自然農をチョイスできるか…悩みどころ…

ただ、利益追求は頭から外し
農と向き合った時、
放置しても育つモノは育つ
って自然法則の原点を
自然農の中に見出すことが出来るきらきら

自分達で育てる野菜で
色々と実験してみたいと思います手(チョキ)

昼ご飯、仙人にソバをご馳走になりましたバイバイ
ワーーイ顔1(うれしいカオ)
image-20110713101857.png

古民家を改装した蕎麦屋さん。
コンフリーの葉っぱが天ぷらで八分音符
珍しいですよね〜。
サック、サク八分音符美味しい八分音符
ご馳走様でした!

是非!連れてって〜〜〜って人は、
遊びに来た時に、ゆ〜て下さいねチュッ








posted by emoco at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214585968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。